話題のニュース

Koki(コウキ)は親の七光り?14光り(7光り×2)で売れないかもwww

【PR】
本ページの情報は2018年5月25日時点のものです。最新の配信状況は、FODプレミアムU-NEXTにてご確認ください。
管理人のエイタ
管理人のエイタ
キムタク(木村拓哉)と工藤静香の次女・木村光希(みつき)がついにモデルでデビュー!

芸名は本名の光希ではなくて、Koki(コウキ)という芸名に決定!

だけど、親の七光り感MAXで、『キムタクと工藤静香の2倍効果で親の14光りやんwww』と話題!

 

スーパー7光りタレントとして風当たりが強く、売れないかもしれないwww

スポンサードリンク




Koki(コウキ)は親の七光りなのか??

管理人のエイタ
管理人のエイタ
Koki(コウキ)は、キムタクと工藤静香の間に産まれた次女・木村光希(きむら・みつき)。

ジャニーズファンの間でもずっと話題だったキムタク・チルドレンなわけですが、遂にモデルとしてデビューを飾りましたよね。

身長が170cmで、顔が木村拓哉似の超美形なルックス。

そのため、どう考えてもいつかは芸能界にデビューしたであろう、才能を持ち合わせています。

しかも、語学力も堪能であり、日本語と英語だけでなく、フランス語やスペイン語もペラペラなのが激ヤバ!!

 

しかしながら、過去にも明石家さんま&大竹しのぶの娘であるIMALU(イマル)がデビューしていますが、なかなか芸能人として活躍しているとは言えない惨状。

 

つまり、親の七光りやんwww

 

という視聴者の気持ちが壁になってしまい、売れないという現状があります。

 

このIMALUのケースと同様に、ビッグな両親を持つKoki(コウキ)は完全に親の七光りだと思われても致し方ありません。

そもそも、芸能界への太いパイプがあったからこそ、こうして雑誌のトップカバー写真の仕事がもらえたワケですしね。

また、日本中にかわいい子はたくさんいて、Koki(コウキ)クラスの女の子なんてワンサカいます。

 

なので、親の七光りのおかげだよね!と言われても、反論ができないでしょう。

加えて、本来なら四苦八苦して弛まない努力をした上で、芸能界デビュー⇒成功への道を掴み取るのがすべての成功者の軌跡。

キムタクも工藤静香もそういった頑張りがあった上での、現在の大成功の結果を出しているワケですから。

 

以上のように、私の予想としては、Koki(コウキ)は売れないんじゃないかな~と予想しています。

スポンサードリンク




14光りとまで言われる風当たり?7光りモデルで売れない?

管理人のエイタ
管理人のエイタ
さらに、木村拓哉で7光り、工藤静香で7光り、足して14光りやろ!!という皮肉な声もチラホラ聞こえてきます。

やっぱり、Koki(コウキ)のようなパターンでの雑誌表紙デビューというのは、七光り感MAXで気持ちいいものではありません。

また、Koki(コウキ)自身も、親の力のおかげを実感しているでしょうし、表紙デビューの喜びを感じていないかもしれません。

 

渡辺謙さんの娘で女優として活躍している杏さんの場合は、渡辺謙の子供であることを隠していました。

そして、売れてから『実は・・・渡辺謙の娘なんです!』と公表。

やはり、このように正しい手順で芸能界で売れていくのがベストですよね。

 

とは言え、Koki(コウキ)は木村拓哉の目・鼻・口・顔の輪郭、すべてのパーツがあまりにも似過ぎています。

 

つまり、たとえキムタクの娘であることを隠していても、すぐにバレてしまったかもしれませんね。

 

以上の理由から、親の七光りだと言われることを覚悟で、Koki(コウキ)さんは芸能界に参入したのかも。

スポンサードリンク




まとめ-Koki(コウキ)は売れなくても大丈夫♪

管理人のエイタ
管理人のエイタ
ただ、Koki(コウキ)は売れない可能性が高めですが、それでも売れなくたって大丈夫でしょう。

なぜなら、木村拓哉と工藤静香の遺産はハンパないでしょうし、たとえ売れなくたって生活に困ることは一切ない。

 

加えて、Koki(コウキ)の凄いところは、インターナショナルスクールに通ってバイリンガル以上に外国語に堪能。

日本語と英語はペラペラでもちろんのこと、フランス語とスペイン語も話せちゃうスーパー15歳。

つまり、たとえ芸能界が失敗でダメに終わっても、通訳とかの仕事などいっぱいあるでしょうね。

 

しかし、ここでKoki(コウキ)が目指している目標は、日本だけでなく世界中でのトップスターなのかな??という考え方もあります。

どういうことかと言うと、そもそも4ヶ国語も話せちゃうワケですし、キムタク似の美形なルックスで工藤静香みたいなスタイル抜群プロポーション。

要するに、日本での活躍に留まらず、世界を股に掛けての大成功がゴールなのであれば、親の七光りだと言われようが日本で芸能界でデビューするのは痛くも痒くもないということ。

もしかすると、そういった凄い目標を掲げているからこそ、七光りだというバッシングを覚悟の上でデビューしたのかも。

スポンサードリンク




 

ここまで、Koki(コウキ)の七光りデビューについて書いてきましたが、やっぱり、キムタクと工藤静香の次女だけに今後の活躍が気になりますよね~。

モデルだけでなく、語学力を活かして女優業にも普通に進出できそう。

もしかすると、将来はハリウッドスターになっている確率もゼロではありません。

 

何だかんだ言って、スーパースターの子供なんだし、そもそもDNAレベルで一流タレントとしての才覚があるはず。

なので、最終的には、親の七光りだなんて言われなくなりそうwww

 

ガンバレ、Koki(コウキ)♪

ABOUT ME
エイタ@映画ブロガー
エイタ@映画ブロガー
空前絶後のォォォォ!!! 超絶怒涛の映画好き! 映画を愛し、会社に愛されなかった男! 洋画、邦画、アニメ、マンガ、小説、すーべての生みの親! そう、我こそはァァァ! サンシャイン! エ、イ、タ・・・イェェェェェイ!!!!! ジャスティスっ!!!!! ※ショボい記事が多いけど、我慢してちょ。内容はナイヨーン。