お役立ち情報

【皇室の秘密】子作りのやり方(性の手ほどき)の裏事情!監視員に見られるんじゃ?

【PR】
本ページの情報は2018年4月19日時点のものです。最新の配信状況は、FODプレミアムU-NEXTにてご確認ください。
管理人のエイタ
管理人のエイタ
皇室の秘密に迫りますっ!!!!!

皇室の方々の生活は、どことなくミステリアスというか、秘密めいた印象ですよね。

特に子作りやり方」や「性の手ほどきなど、性にまつわる裏事情には高い関心が寄せられています。

 

まあ下世話な感じではありますが…やはり謎だらけだからこそ、皆さん余計に気になってしまうのでしょう。

また、性◯為の様子を監視員に見られるという噂もあります。もし事実なら驚きですよね。

 

果たしてこうした噂は本当なのでしょうか?

気になる皇室の秘密に迫ります!

皇室の秘密?子作りのやり方や性の手ほどきに関する裏事情とは?

管理人のエイタ
管理人のエイタ
「皇室の秘密」と聞いて、皆さんはどんな秘密を思い浮かべるでしょうか?

何しろ謎に包まれているため、気になる秘密や噂はイロイロあるかと思いますが…

やはり「性」に関する裏事情は、皆さん興味をそそられるようですね。

多くの秘密や噂の中でも、一際タブーとされる部分でしょう。

 

当然ながら皇室の方々も人間です。

そのため、一般人と同じように、子作りの際は「夜の営み」を行うわけです。

ただし、子作りは子作りでも、皇室ならではのやり方が存在するそうです。

 

まず、「入浴潔斎の儀」という儀式。

結婚の儀式を終え、いよいよこれから初夜を迎える…という際に行われる儀式です。

同じお風呂に入った新郎新婦の身体を、「巫女」と呼ばれる方が清めてあげるんだとか。

 

「入浴潔斎の儀」を終えた後は、真っ白な布地で作られた「初夜装束」に着替えます。

ちなみに下着など、初夜装束以外は何も身に付けません。生まれたままの姿で初夜装束をまとうわけですね。

 

入浴と初夜装束着用を済ませたら、いよいよ「初夜の床入り」です。

しかしいきなり床に入ってはいけません。

まずはふたりで仲良く「白餅」を食べ、子宝に恵まれるようお祈りをします。これを「三箇夜餅の儀」と呼ぶんだとか。

白餅をいただき、お祈りをして、やっと身体を重ねることができます。

 

こうした子作りのやり方やルールは、なんでも口頭で直に伝えられるそうです。

もっとオブラートに包んだ形なのかと思いきや…意外とストレートなんですね。

さらに、子作りのやり方以外にも、体位や避妊法など、様々な性の手ほどきを受けるようです。

 

管理人のエイタ
管理人のエイタ
また、「入浴潔斎の儀」で登場した巫女ですが、実は巫女の中には「筆おろしの儀式」担当の者も存在するとか…?

巫女による性の手ほどきもある、ということでしょうか。

なんだか一般人にとっては考えられない話ですが…

これも皇室の秘密・裏事情のひとつと言えそうです。

皇室の子作りは監視員に見られるという噂が??

管理人のエイタ
管理人のエイタ
皇室では、子作りの様子を監視員が見守る…という噂があります。

なんでも初夜の真っ最中、「介添人」という者が、子作りの一部始終をずっと監視しているんだとか。

さらに介添人の仕事はそれだけじゃありません。

行為を終えた後、血がついているか否かも確認するのです。

 

皇室には「結婚まで処女を守る」という確固たる決まりが存在します。

そのため、行為の後に必ず「新婦が処女であるかどうか?」を確認する必要があるのです。

 

行為を監視される・見られるというのも、一般的には非常に抵抗があるかと思います。

が、監視する側もなかなか大変ですよね。

最初から最後までずっと監視するのみならず、血までチェックしなくてはならないのですから。

 

とはいえ、当然ながら仕事として取り組んでいるわけですし、「皇室の方々の初夜を見届ける」という大切な役目です。

もはや抵抗がある・ないの次元ではないのかもしれません。

 

ただ、巷では「処女だからといって血が出るとは限らない」とも言われています。

ですので出血の有無だけで判断できないのでは?という気もするのですが…どうなんでしょう。

もしかすると、実際は血だけではなく、他にも様々なチェックポイントが存在するのかもしれませんね。

ABOUT ME
エイタ@映画ブロガー
エイタ@映画ブロガー
空前絶後のォォォォ!!! 超絶怒涛の映画好き! 映画を愛し、会社に愛されなかった男! 洋画、邦画、アニメ、マンガ、小説、すーべての生みの親! そう、我こそはァァァ! サンシャイン! エ、イ、タ・・・イェェェェェイ!!!!! ジャスティスっ!!!!! ※ショボい記事が多いけど、我慢してちょ。内容はナイヨーン。